前面開閉高温高真空雰囲気炉 ACB

TOPページ > 電気炉 > 真空雰囲気炉 > 前面開閉高温高真空雰囲気炉 ACB

前面扉開閉方式でワークの出し入れが容易

前面開閉高温高真空雰囲気炉 ACB
 
前面開閉高温高真空雰囲気炉 ACB
 
 

 

特徴
真空中又は、ガス雰囲気中で製品の熱処理加工を行い、高品質の製品を生産する電気炉です
炉体は前面扉開閉方式なので、ワークの出し入れが容易に行える構造

炉材はタングステンやモリブデン等の各種金属材料から構成。セラミックファイバー等の断熱材を一切使用しないので一定の真空度に到達するまでの時間や降温スピードが極端に短縮 大幅な工数低減と生産性アップが可能

  • 吸着ガス等が極めて少なくクリーンな状態で熱処理加工が行えるため非常に純度が高く高品質の製品を確保 
真空チャンバーは、水冷ジャケット構造を採用 安全性確保や各シール材の保護も十分考慮した設計
大型生産用炉から小型実験炉まで、様々な標準品を取り揃えております。また、お客様のニーズに合わせ、特注サイズにも速やかに対応いたします。
お問い合わせ   概略お見積依頼フォーム
 上記写真は、タングステンメッシュヒーターを使用した例です。(2300℃仕様)
   

 

仕様

最高温度 2500℃(1800℃)
到達真空度  ×10-5Pa
雰囲気ガス 真空、雰囲気ガス
雰囲気圧力 0.14Kg/cm2

標準炉内寸法

 標準炉内寸法
ACB-φ80×160 h
ACB-φ100×200 h
ACB-φ150×200 h
ACB-φ150×300 h
 ACB-φ200×300 h
ACB-φ250×300 h
ACB-φ300×300 h

  • 電気炉はすべて受注生産となります。用途・仕様等お気軽にご相談ください。
  • 048-687-7470
  • 概略お見積依頼フォーム Webからのお問い合わせ