スピンコーターの機種選定について
まずは回したい基板の最大サイズからスピンコーターの機種を選定いたします。

ACT-220AⅡは最も小型の機種で安価です。基板サイズの条件さえあえばおすすめです。

カップサイズφ500mmまでは卓上型で製作可能です。それ以上のサイズは大型機として自立型で製作しております。

スピンコートしたい基板がフィルム状で薄い、厚みがある、基板材質が軽く浮きやすいものである、粘度の高い液体をスピンコートしたい、など求められる条件はお客様により様々です。求める性能、基板の材質・形状や、滴下する薬液によって適切なオプションも異なります。お気軽にご相談下さい。

実機購入を悩んでいるお客様の為にデモ機の貸し出しサンプルテストのご依頼も承っておりますので是非ご利用ください

機種

基板サイズ(mm)

φ5~100

φ150

φ200

φ250

φ300

φ400

φ500

□5~70

□110

□150

□180

□220

□300

□360

ACT-220AⅡ

 

 

 

 

 

 

ACT-300AⅡ

 

 

 

 

 

ACT-400AⅡ

 

 

 

 

ACT-450AⅡ

 

 

 

ACT-500AⅡ

 

 

ACT-600AⅡ

 

ACT-700AⅡ

製品動画
※他のスピンコーター動画もアクティブのYouTubeでご覧いただけます※
低価格高機能機種
スピンコーター act220a2
ACT-220AⅡ
高性能かつ低価格のスピンコーター
インターロックセンサー付き安全カバー標準搭載
多段式で10ステップ・100パターン プログラムメモリ搭載
様々な溶液を用いた開発や評価に対応
スピンコーター標準機(卓上型・自立型)一覧
How to スピンコーター
スピンコーターコラム
各種お問い合わせ窓口