真空雰囲気炉 製品一覧
アクティブの真空雰囲気炉は、真空中又は、ガス雰囲気中で製品の熱処理加工を行い高品質の製品を生産する電気炉です。
前面開閉型、横型、縦型など、また、小型から大型、超高温対応など、多種多様なニーズに応えられるようさまざまなラインナップを展開しております。

各種実験用からライン生産用までご対応可能です。お客様のニーズに合わせ、特注サイズにも速やかに対応いたします。
短時間での昇温・降温効果
当社の真空雰囲気炉製品は、20分で2000度までの昇温や、30分で2000度から100度まで降温することができる高品質な装置です。
一定の真空度までの到達スピードが極端に短くなることで効率的な実験装置として使用できます。
バッチ数の増加で生産効率が上昇
1回の作業が早くなることで、生産されるバッチ数が増えていきます。
製造の総数量が大きくなれば、現場の生産効率が増えコストも抑えることが可能です。
その分、他の研究費用や研究分野の拡大にもつながるでしょう。
時間短縮をはかることによって、短期間の納期にも迅速に対応でき他の実験もスムーズに行うことができます。
他社にはないシールド構造
当社の電気炉の炉材には、金属(メタル)ヒーターの素材を使用しています。
金属(メタル)は非常に高額なため、全国的に取り扱っているところは少なく、他社ではなかなか実現できているところはありません。

また、セラミックファイバー等の断熱材を使うと、真空度までの時間や降温スピードが遅くなってしまうことから、当社では断熱材を一切使わない構造になっています。
電気炉の種類は、前面開閉型、横型、縦型や小型、大型、超高温対応、各種実験用からライン生産型まで様々なニーズに対応できる製品が揃っているのも特徴の一つです。