クリーンブースの管理方法は?
クリーンブースはホコリや塵、異物などを極力排除した空間です。

良好なクリーン空間を維持管理していくためには、クリーンブースを構成する機器がきちんと性能を発揮できるよう点検しておかなければなりませんし、極力クリーンブース内にゴミを持ち込まず、ゴミを発生させず、といった心がけや、こまめな清掃も重要です。

定期的な構成機器や性能の確認などの保守点検の結果、性能が低下した状況に陥った場合は、FFUフィルターの交換など対応していく必要があります。
クリーンブースとは
管理する上で気をつけること
クリーンブース内にはできるだけゴミやホコリ、微生物などが入ってしまわないように、そして室内で発生させないように注意しなければなりません。そのために利用する際のルールや手順、5Sなどの人的支援を取り決め、設備に頼るだけでなく、作業者の意識を向上させる必要があります。

ファンフィルターユニットの吸込口の掃除も重要です。怠ってしまうと、ゴミやホコリがたまりクリーン度が低くなってしまうからです。FFUのフィルターにゴミやホコリなどが堆積した場合は交換が必要となります。

クリーンブースは支柱にビニールシートを被せた簡易な構造のため、基本的に下に隙間があります。クリーンなエアが天井面のFFUから送り込まれて下から抜けていく仕組みではありますが、やはりクリーンブース周辺の床の汚れはないに越したことはありませんし、地ばいの虫は侵入可能ですから、設置場所の清潔さにも気を使いたいところです。

どのくらい気を使うべきかは求めるクリーン度にもよりますし、フィルターの交換頻度などは設置場所の条件次第といえます。定期的な風速チェックで確認することをおすすめいたします。

管理範囲が小さければ自己管理で対応でき、それが可能なのがクリーンブースの良いところでもありますが、面積の広いクリーンブースは業者に依頼するケースもあります。いずれにせよ、設置したら終わり、ではなく、しっかりと管理することが必要です。
アクティブのクリーンブースなら
アクティブはスピンコーターもメイン商品として取り扱っております。
お客様がクリーンブースの他にスピンコーターでもお困りの際はまとめお任せください。

スピンコーターをお求めの場合にはクリーンブースと一緒にご購入頂くことで配送料や工事費をコストカットするこもでき、まとめて一括サポートすることができるためお客様の余計な負担を減らすことができます。
スピンコーターでお困りの際には是非合わせてご相談ください。
アルミクリーンブース製品一覧
クリーンブース情報コラム
クリーンブース豆知識