クリーンブースに入る際の服装は?
クリーンブースは精密機器や食品加工などの分野で、品質や安全性を守るために、そしてクリーンな環境を保持するために必要な空間となりますが、この環境を維持するためにはただ設置するだけでは不十分です。

折角のクリーン空間に作業者が塵や汚れを持ち込んでは本末転倒なので、クリーンブース内の清浄度を維持する為には専用の衣類を着用する必要があります。

クリーンウエア、無塵服・・・呼び方はメーカーにより様々ですが、塵が発生しにくく、静電気が起こりにくく、汚れがつきにくい特殊な素材で作られています。

入室前に専用の衣類を着用することで、クリーンブースの性能を十分に発揮することができ、生産品や品質の安全性などを一定に保つことができるのです。
クリーンブースとは
如何にゴミを持ち込まないか
クリーンブースを設置し、専用の衣類に着替えそれで完璧かといえばそうではありません。クリーン化はゴミとの戦いといえます。如何にクリーンブース内にゴミを持ち込まないかが重要なのです。

人が動いたり空気が流れたりすることで、どうしてもホコリは身体に付着してしまいます。着替える場所もクリーンであるべきですし、入る前にエアシャワーでホコリなどを取り除き、粘着マットで靴の汚れも落とせるとよいですが、クリーンブースはお手軽な反面、その簡易な構造からクリーンルームほど徹底するのは難しいと思います。

クリーンルーム(エリア)内に設置したクリーンブースであればすでに対策は取られていると思いますが、単独でご使用の場合は特に「作業現場であるクリーンブースに入る前にできる限りゴミを落とす」という認識を常に持っていてください。

どの程度気を使うのかは求められるクリーン度によっても異なると思いますが、作業者の心がけがなければ導入したクリーンブースはその性能を十分に発揮できないのです。
使用後の服はどうするか
見た目にわからずとも一度でも着用した衣類には汚れが付着しているものです。たとえ専用の衣類であっても、汚れてしまえばクリーンブースに入室するための適した服装ではなくなってしまいます。

クリーンブース内で使用した服は、清潔を保つために専用の業者にクリーニングをお願いする必要があります。家で普通に洗うのでは元の性能は戻りません。クリーニング後もクリーンに保管できなければなりません。このような手間が煩わしい場合は使い捨てタイプのクリーンウェアを利用するのもいいでしょう。

クリーンブースを清潔に、本来の性能を保ちながら使用するにはきちんとした入室管理が必要です。

ご面倒かもしれませんが、ぜひ専用の衣類を着用しクリーン化の意識をもってご活用ください。
アクティブのクリーンブースなら
アクティブの強みはなるべく無駄を抑えコストカットを実現できている点です。
なるべくお客様の負担を減らせるようにサポートさせて頂いております。

また、当社ではスピンコーター製品も取り扱っております。
クリーンブースの購入に合わせて発注頂くことで更に余計な配送料等コストカットが実現でき、包括的にサポートすることも可能です。
当社にお任せ頂くことでよりお客様の手間を省くことも可能になります。
スピンコーターもお求めのお客様は是非一度ご相談くださいませ。
アルミクリーンブース製品一覧
クリーンブース情報コラム
クリーンブース豆知識