スピンコーター 標準機

TOPページ > スピンコーター > スピンコーター 標準機

ACT-220DⅡ

スピンコーターの機種選定について

基板の最大サイズで機種選定が決まります。
基板の材質(軽くて浮いてしまう)や、滴下する薬液の粘度が高いなどにはカスタマイズが必要となるかの判断が要りますので、事前にご相談いただくか、デモ機の貸し出し、サンプル測定のご依頼なども承っております。

スピンコーターの機種選定について
スピンコーター 安価機種 スピンコーター ACT-220AⅡ
スピンコーター ACT-300AⅡ
スピンコーター ACT-400AⅡ
スピンコーター ACT-500AⅡ

 

製品動画

ACT-220AⅡ

スピンコーター標準機一覧

スピンコーター
ACT-220AⅡ
スピンコーター ACT-300DⅡ
本体価格 : \650,000
Φ4インチウェハ対応
(Φ100/□70mm基板)
 
スピンコーター
ACT-300AⅡ
スピンコーター ACT-300AⅡ
本体価格 : \730,000
高性能仕様、Φ6インチ
(Φ150/□110mm基板)
スピンコーター
ACT-400AⅡ
スピンコーター ACT-400AⅡ
本体価格 : \1,500,000
高性能仕様 Φ8インチ
(Φ200/□140mm基板)
 
スピンコーター
ACT-450AⅡ
スピンコーター ACT-450AⅡ
本体価格 : \2,450,000
高性能仕様、Φ10インチ
(Φ250/□180mm基板)
スピンコーター ACT-500AⅡS
本体価格 : 要見積
納期 : 45日以内
 
スピンコーター
ACT-500AⅡ

Φ12インチ
(Φ300/□210mm基板)

電源 : 三相200V 20A

回転範囲/回転精度 :

10~5000rpm/±1rpm以下(負荷に応じて要相談)

詳細を見る
ACT-600AⅡS
本体価格 : 要見積
納期 : 50日以内
 
スピンコーター
ACT-600AⅡ

電送BOX分離式
Φ16インチ
(Φ400/□300mm基板)

電源 : 三相200V 20A

回転範囲/回転精度 :

10~5000rpm/±1rpm以下(負荷に応じて要相談)

詳細を見る
スピンコーター ACT-700AⅡS
本体価格 : 要見積
納期 : 60日以内
 
スピンコーター
ACT-700AⅡ

Φ20インチ
(Φ500/□360mm基板)

電源 : 三相200V 20A

回転範囲/回転精度 :

10~3000rpm/±5rpm以下(負荷に応じて要相談)

詳細を見る
 

How to スピンコーター

スピンコーターの構造  

スピンコーターの構造

スピンコーターの構造・部品の解説と、カップ内径・基板のサイズについて解説いたします。

詳細を見る
スピンコーターの設定について  

スピンコーターの設定について

アクティブのスピンコーターは、使用目的に合わせて、「回転数」「加減速」「キープ時間」を多彩に設定することが可能です。

詳細を見る
操作画面  

操作画面

アクティブのスピンコーターは、多彩なプログラムと操作がパネルで一覧。確認しながら操作できます。

詳細を見る
試料台物性表・資料耐薬データ  

試料台物性表・資料耐薬データ

スピンコーターの試料台物性表、および試料台耐薬データを紹介します。

詳細を見る
 

スピンコーターコラム

スピンコーターの膜圧  

スピンコーターの膜厚とは

膜厚(膜の厚さ)を一定にするためには技術が必要ですが、スピンコーターを使用することで高品質の塗膜を効率よく均一に生成することができます。

詳細を見る
小型・卓上スピンコーターのメリットとは?  

小型・卓上スピンコーターのメリットとは?

小型や卓上サイズのスピンコーターは、小さくても頼れる存在であるため、購入をご検討されている企業様は非常に多いです。

詳細を見る
スピンコーターの熱問題。どう解決する?  

スピンコーターの熱問題。どう解決する?

スピンコーターは、効率良く塗膜を生成する機器です。均一の塗膜生成には薬液の粘度や温度などの条件が関係していて、条件が変わると膜の厚さを均一にすることができなくなります。

詳細を見る
スピンコーターを低価格で買うと・・・?  

スピンコーターを低価格で買うと・・・?

低価格のスピンコーターを購入した場合、考えられるデメリットとしては様々なことが挙げられます。

詳細を見る