スピンコーター製品の値段に関するメリット・デメリット

TOPページ > スピンコーター > スピンコーター製品の値段に関するメリット・デメリット

スピンコーター製品の値段

スピンコーターの膜厚とは

高速回転によって起こる遠心力を利用して、平面な基材に塗膜を構成するために必要なスピンコーターは、品質の高い塗膜を効率よく生成することができるため、金属類やレンズなどの洗浄や乾燥だけでなく、コーティングなどにも幅広く利用できます。

 

多用途でシーンを選ばないスピンコーターは値段も高く、その製品のサイズやオプションによって値段も変動していきます。

 

機能やオプションによって値段が変わるため、限られた予算やスペースなど条件がある場合は希望のスピンコーターが選べず、中古のスピンコーターしか購入できない可能性もあります。

中古のメリットやデメリット

スピンコーターを中古で購入した場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

 

【メリット】

 

・値段が安い

新品と比べて中古のスピンコーターの方が値段が安く、手に入りやすくなります。

 

 

 

【デメリット】

 

・見た目が古い

色あせや傷などによって外観的に汚れてきます。

 

 

・回転制御が不安定

中古製品のため、もちろん誰かが使われていたものです。

その場合、新品に比べて回転制御が不安定になっている場合もあります。

 

 

・パーティクルが出やすい

目に見える部分は拭き取りなどできれいにすることができますが、中古では目に見えないゴミなどパーティクルが出やすい場合があります。

 

 

・モーターの寿命が早い

スピンコーターは、モーターが最も消耗する部分であるため、この部分の消耗が激しく、中古の場合は購入時点で既にモーターが消耗している場合があります。

アクティブのスピンコーターの強み

アクティブのスピンコーターは、お客様の抱えている課題に合わせたお好みのスピンコーターにカスタマイズできることが魅力です。

より細かな設定によって、意図する動作環境を作ることが可能です。

 

またアクティブは中古のスピンコーターの取り扱いも行っており、中古の場合は内部の部品やモーターの交換も行っています。

 

事前にデモ機の貸し出しやサンプルテストなども可能なため、詳しくは是非一度お問い合わせください。

  • スピンコーターについての
    お問い合わせ・お見積もり
  • Webからのお問い合わせ