クリーンルームの管理方法は?

TOPページ > クリーンブース > クリーンルームの管理方法は?

クリーンルームの管理方法は?

クリーンルームの管理方法は?

クリーンルームは、製品が安全で高品質であることを保証するために欠かせない場所です。
良好な維持管理をしていくためには、クリーンルームを構成する機器がきちんと性能を発揮できるよう点検しておかなければなりません。
また、性能が低下した状況に陥った場合は、構成機器や性能の確認、保守点検をする必要があります。

管理する上で気をつけること

クリーンルーム内にはできるだけゴミやホコリ、微生物などが入ってしまわないように、そして室内で発生させないように注意しなければなりません。
そのために利用する際のルールや手順、5Sなどの人的支援を取り決めておくようにしましょう。

FFUのフィルターにゴミやホコリなどが堆積した場合は、すぐに発生源を排除する必要があります。
吸込口の掃除を怠ってしまうと、ゴミやホコリがたまりクリーン濃度が低くなってしまうからです。
管理範囲が小さければ自己管理で対応できますが、面積の広いクリーンルームは業者に依頼するところも珍しくありません。

定期的に業者のメンテナンスが必要

設置場所によっては、性能維持やメンテナンスの頻度が変わってきます。<.br> これは室内の気流の状態や風速、室内圧力、室内温度、湿度などの条件によっても左右されます。
床や壁などの掃除を毎日行っているところは多いのですが、場所によって掃除方法が異なるようです。
例えば機器類の表面や壁、床、天井などには、薬剤を用いて拭き殺菌しているところもあります。

一方、軽く拭き掃除をして完了するところもあるでしょう。
構成機器やフィルターのメンテナンスに関しては、月1回というところもあれば、半年に1回でも問題ないといった状況も考えられます。
このことからメンテナンス時期は、防虫対策や異物対策などの環境支援によって調整していく必要があると言えるでしょう。

月1回もしくは半年に1回のメンテナンスであっても、日常的に室内の掃除は行なっておいた方が良いです。
ホコリや微生物が室内へ入り込ませないためにも、毎日掃除は実施しましょう。
また、正常な状態で維持管理していくためにも、定期的なメンテナンスを取り入れてください。

  • クリーンブースについての
    お問い合わせ・お見積もり
  • Webからのお問い合わせ