クリーンルームに入る際の服装は?

TOPページ > クリーンブース > クリーンルームに入る際の服装は?

クリーンルームに入る際の服装は?

クリーンルームに入る際の服装は?

クリーンルームは精密機器や食品加工などの分野で、品質や安全性を守るために、そしてクリーンな環境を保持するために必要な空間となりますが、この環境を維持するためには、入る前にしておかなければならないことがあります。
クリーンルームでは、空間内の清浄度を維持しなければならないため、専用の服装を着用する必要があるのです。

こうした専用服を提供する会社はいくつかありますが、共通して静電気が起こりにくかったり、汚れがつきにくかったりするなど特殊な素材で作られています。
これを入室前に着用することで、生産品や品質の安全性などを一定に保つことができるのです。

入室前に必ずチェックすること

クリーンルームに入る前には、指定の脱衣所で専用の服に着替えてからしなければならないことがあります。
それは、専用の服についたゴミを落とすことです。

人が動いたり空気が流れたりすることで、どうしてもホコリは服などに付着してしまいます。
少しでもこのホコリを入れないために、入る前にはエアーシャワーを30秒程度あびて、ホコリなどを取り除く必要がありますが、このエアーシャワーはクリーンブース自体につけることが難しくなっています。
アクティブのクリーンブースなら、クリーンエリア内にも設置が可能であり、既設の建物内での組み立ても可能です。

使用後の服はどうするか

アクティブではクリーンブース内で使用した服は、清潔を保つために専用の業者にクリーニングをお任せしています。
一度でも使用してしまうと、いくら見た目が汚れていなくてもクリーンブースに入室するための適した服装ではなくなってしまいます。
そのため、週に一度業者が引き取りにくるタイミングで使用済みの服をクリーニングに出しています。
クリーンブースを清潔で安全性を保ちながら使用するには、きちんとした入室管理が必要です。
専用の服を着用して正しくお使いください。

  • クリーンブースについての
    お問い合わせ・お見積もり
  • Webからのお問い合わせ