クリーンブースとは

TOPページ > クリーンブース > クリーンブースとは

クリーンブースとは

アクティブのクリーンブース

クリーンブースとは、ホコリや塵、異物などを極力排除し、一定の清浄度を保った空間、及びそれを保つための装置を指しています。
英語ではClean Booth、清潔な仕切られた部屋といった意味を持っており、主にコンタミネーションを防ぐ目的で設置するものです。

空調や壁などで部屋全体を清浄空間にするクリーンルームとは違い、クリーンブースは支柱とUVビニールシート(UVカット・透明・黒)で空間を仕切り、その内部でファンフィルターユニット(FFU)とHEPAフィルタもしくはULPAフィルタを使って清浄な空気を循環させ、清浄度を保っています。
また、クリーンルームとの併用で、ルーム内の中でもさらに清浄な空間を作り上げたい時にクリーンブースを設置するケースもみられます。

クリーンベンチとの違い

クリーンブースに近いものとして、クリーンベンチというものが挙げられます。
クリーンブースとクリーンベンチの違いとしては、ブースが空間を仕切り清浄空間を作るものであるのに対しベンチは作業台の形をしており、基本的に腕だけを入れて作業します。
クリーンベンチは主に菌類の研究時に使用されることが多く、防塵面だけではない活躍をしているものもあります。

しかし、基本的に腕のみを入れて作業することになるため、作業台規模よりも広い空間を要求する場合にはクリーンベンチよりもクリーンブースの方が適しているでしょう。

クリーンブースを導入するメリット

クリーンブースを導入するメリットとしては、様々な製品の品質保持や汚染防止、またその管理が楽に行えるという点が挙げられます。
また、品質管理体制が万全であるという印象にもつながり、広告として消費者やクライアントに安心感を与えることができるのです。
デメリットとしては設置費用がかかること、24時間稼働させ続ける設備であるため運転費用がそれなりにかかってしまうことが挙げられます。
しかし、設置費用に関しては、クリーンブースはクリーンルームよりも比較的ローコストでありつつ、清浄な空間を作ることができるため、様々な場面で活用しやすいでしょう。

  • クリーンブースについての
    お問い合わせ・お見積もり
  • Webからのお問い合わせ